事業内容

当社の「光加熱技術」(産総研からの技術移転)

反射鏡を使って、光源からの光を一点に集め、対象を加熱する技術。「集光加熱」とも呼ばれる技術。
低電力で超高温の加熱が可能。(例:24V 300W 最高1500℃ 加熱径φ5mm)
光源はハロゲンランプ。スポット型やライン型など様々な種類がある。

数cmの反射鏡を使用し、高原から光を一点に集めます。
光加熱の応用
光加熱のメリット

非接触で加熱できる

試料に外力を与えない。試料の固定が不要。

真空中でも加熱できる

真空チャンバーの外から加熱が可能。

応答性、制御性が良い

1秒もかからず、設定値への昇降温が可能。

導入、運用コストが安い

必要なのは反射鏡と光源(ハロゲンランプ)のみ。

周囲への熱影響が無い

ある面積のみ加熱。周辺温度に影響なし。

光加熱実験装置

光加熱の応用先

  • 製造ライン上での加熱、乾燥、焼却
  • 接着剤、塗料の乾燥硬化
  • 電子部品の半田付け、リフロー
  • 熱溶着、アニーリング、熱収縮 ...etc.
集光設計シュミレーション
専用のソフトを使用し、シュミレーションを行います
  • 光源形状から、特注・試作品が可能!
  • カタログ品による低コスト提案も可能!
  • 様々な用途や要望にお応えいたします!

当社からのご提案

貴社にピッタリのご提案をいたします

光加熱技術応用対象の仕様を頂き、条件に合わせたご提案を致します。

  • デモ機を実際に使用して、検討して頂くことも可能です!
  • 当社での立ち合い実験、サンプルを頂いての実験請負など、
    まずはお気軽にご相談ください!